このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
+65₋6978₋4066
受付時間:平日9:00~18:00
(シンガポール時間)

自分で考えて動ける
インドネシア人スタッフをつくる!
次世代リーダーのための
「仕事力」講座
Fundamentals of Working Effectively

貴社のインドネシア人スタッフの、「基礎的な仕事力」を伸ばすために必須の3講座を厳選してお届けします。

「自ら周囲に働きかける”報連相力”」
  2022年7月 全3回

「自ら仕事の目的を考えて段取りする”遂行力”」
  2022年8月 全3回

「自ら問題の真因を考え解決する”思考力”」
  2022年9月 全3回


【対象】インドネシアの日系企業で働く、インドネシア人スタッフ
   ・次世代リーダーとして期待されている方や、係長クラス以上の方

   ・社会人経験5年以上が目安となります

  
【場所】 オンライン会議システム「Zoom」
【使用言語】インドネシア語
【参加費】 1講座あたり SGD $500/人
     *詳細は当ページをご覧ください。

オンライン講座
インドネシア語

インドネシア人財の教育を手掛けるWS PARTNERSが、
あなたの期待に応えられる優秀なローカルスタッフを育成します。
詳細は以下をご覧ください。


◆◆◆

社内で足並みをそろえて教育する日本の大手企業とはちがい、海外では、
スタッフに組織の共通理解や、仕事の進め方について教育する機会が不足しています。

したがって、将来リーダーとして活躍してほしい人財に対して、
仕事の段取り、能動的な報連相、問題解決などの
自分で考えて仕事を進める力」を高めたい場合には、
こちらが意識的に機会をつくる必要があります。

一見すると文化・価値観に根差して変えられないように見える課題も、
多くの場合はこれまでに教育機会が無いことが原因であり、
教えて、やらせれば、できる」ケースが大半です。

ASEANの日系企業においてこれまでに1200名以上のマネジャーを育成した弊社が、
みなさまの「頼れる片腕」となる現地スタッフの育成を支援します。
ぜひこの機会にお申込みください。

◆◆◆

貴社スタッフに、こんな課題はありませんか?

  • 現地スタッフが言われたことしかやらない。先読みして動いてくれない。
  • 期限まで相談がなく、期日になって期待したものとは違うものがでてくる。
  • 目の前の作業はするが、自分で改善したり工夫したりしない。
  • 問題の真の原因を考えず、その場しのぎで対処する。根本的な解決にならず、問題が再発する。
  • こちらが聞くまで報告がなく、大事なことでも直前や事後に知らされることがある。
  • 報告や計画のロジックが甘い。なぜその数字になるのか論理的に説明できない。
  • それなりにやってくれるが、さらに鍛えて一流の人財に育てたい。
  • 問題の真の原因を考えず、その場しのぎで対処する。根本的な解決にならず、問題が再発する。

貴社のスタッフも、変わることができます。

仕事への向き合い方や報連相などの「仕事力」は、
誰にでも身に着けることが可能です。

こうした課題は一見すると、文化・性格・素質などが原因のように見えますが、あきらめる必要はありません

多くの場合は、ただ単に「きちんと教わったことが一度もない」ことが原因です。

日本で22年以上、人材育成や研修に携わってきた当社からみて、教えを素直に吸収して実践するローカルスタッフの姿勢は、むしろ日本の社会人よりも優れていると言えるほどです。

<講座の特徴>  実践 → 振り返り → 定着

弊社プログラムは、いずれも学習内容を実践いただきながら進めます。そのため、敢えて1日では詰め込まずに、3回に分けて学習します。

従来は『1日で詰め込み学習 ⇒ 忘却』 になりがちな研修を、 あえて3回に分け、短時間の講習を繰り返します。

このことにより、次回までの課題の実践とその振り返りが可能になり、知識だけではなく「体験」によって変化を定着させます。

講座内容

講座1 
自ら周囲に働きかける”報連相力”

全3回 (3回とも出席が必要です)
第1回  7月5日(火) 14:00〜16:00
第2回  7月12(火) 14:00〜16:00
第3回  7月19(火) 14:00〜16:00
(すべてジャカルタ時間)
申込締切: 6月23日(木)

ただ「ホウレンソウしなさい」と言い聞かせるのではなく、「なぜそうするほうが良いのか?」という根本的なところから指導し、腹の底から納得できるように構成されています。

ケーススタディやワークを通して実際に考え、手を動かして学びます。また、「自分で考えずに答えだけを求める」ことや、逆に「指摘を恐れて相談できずに抱え込む」といった、ありがちな報連相の間違いに対しても、先回りして対策します。

講座2
自ら仕事の目的を考えて段取りする”遂行力”

全3回 (3回とも出席が必要です)
第1回  8月2日(火) 14:00〜16:00
第2回  8月9日(火) 14:00〜16:00
第3回  8月16日(火) 14:00〜16:00
(すべてジャカルタ時間)
申込締切: 7月21日(木)

従業員は一般に、指示された目の前の業務だけに意識が向きがちです。この研修では、ワークを交えて、与えられた仕事の目的を考える・仕事を各作業に分解する・優先順位をつける、などの基礎的な仕事力を身に着けます。

主体的に自分で考えて動く」「広い視野をもつ」「先読みして動く」などの能力は、このように仕事の全体像や目的を考え始めることがスタートラインです。
講座3
自ら問題の真因を考え解決する”思考力”

全3回 (3回とも出席が必要です)
第1回  9月6日(火) 14:00〜16:00
第2回  9月13日(火) 14:00〜16:00
第3回  9月20日(火) 14:00〜16:00

(すべてジャカルタ時間)
申込締切: 8月25日(木)
起こった問題に対して、モグラ叩きのようにその場しのぎで対応しても、先送りにすぎないため同じ問題が繰り返されます。

このトレーニングではワークを利用し、問題の根本原因まで追求し、再発防止まで実行するスキルを身につけます。
また、あるべき姿を考え、問題意識を持つところから指導します。そのため、普段から問題に対処するメンバーだけでなく、問題意識さえ持たずに作業しているメンバーの教育にも適しています。
講座3
自ら問題の真因を考え解決する”思考力”

全3回 (3回とも出席が必要です)
第1回  9月6日(火) 14:00〜16:00
第2回  9月13日(火) 14:00〜16:00
第3回  9月20日(火) 14:00〜16:00

(すべてジャカルタ時間)
申込締切: 8月25日(木)
起こった問題に対して、モグラ叩きのようにその場しのぎで対応しても、先送りにすぎないため同じ問題が繰り返されます。

このトレーニングではワークを利用し、問題の根本原因まで追求し、再発防止まで実行するスキルを身につけます。
また、あるべき姿を考え、問題意識を持つところから指導します。そのため、普段から問題に対処するメンバーだけでなく、問題意識さえ持たずに作業しているメンバーの教育にも適しています。

  • 各講座の内容は独立しております。学ぶテーマを選んで、いずれか1つの講座(全3回)からお申込み可能です。
    1つの講座につき、3回とも出席していただく必要があります。
    *総合的に仕事の基礎力を強化したい場合、3講座すべての受講(全9回)がおすすめです。

  • いずれもオンライン(Zoom)での開講です。スライドを共有しますので、スマートフォンではなくPCからのご参加を推奨いたします。
  • 各回の定員は各回20名です。
    貴社での個別開催も承ります。8名以上など団体でのご参加を検討される場合は、下記連絡先までご相談ください。
    【連絡先】西尾 tnishio@ws-partners.com.sg
  • 欠席の場合、事前にご連絡いただければセッション映像と教材を送付いたします。
    ただし、キャンセルが間に合う場合は、時期を改めての受講をおすすめいたします。

プログラムの構成

講座1 自ら周囲に働きかける”報連相力”


一人ではなく組織の中で良い仕事をするうえでは欠かせない、「報告・連絡・相談」を身に付けます。
また、文化や言語の壁のある”
日本人上司に対する報連相”も意識した内容となっています。

● そもそも報連相が必要な理由
● 報告とは/相談とは/連絡とは

● 報連相の型とその使い方(擦り合わせ型、速報型、相談型)
● ケーススタディ・課題
● アクションプラン(行動計画)の作成と実践
● 前回の実践結果の振り返り

● 異文化間コミュニケーション
 文化や国籍を問わず通用するコミュニケーション方法を身につける
 ・インドネシア人と日本人の傾向の違いを理解
 ・どのように伝えるべきか

       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日本でも報連相研修の第一人者である当グループの講座は、以下の特徴があります。

  • 納得感を重視
    「そうすることが自分にとっても得だ」という納得感があるため定着する
  • 実践がある
    「いつ・誰に・何をする」具体性のあるアクションプランに沿って実践し、次回講座で振り返る
  • 落とし穴にもあらかじめ対策
    「悪い報連相の典型例」をケーススタディや課題で体験させ、それに対する解決策を示している。
    (例)「報連相しろと言われ、自分ではなにも考えずに相談する」→「それを指摘され、次回は抱え込んで相談できない」
  • 報連相に必要な、コミュニケーション力も伸ばす
    「日本人上司にも伝わるコミュニケーション方法」や「結論からわかりやすく述べる作法」などの、通常は報連相のトレーニングには含まれない分野までカバーする     

       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
全3回 (3回とも出席が必要です)
 第1回  7月5日(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00
 第2回  7月12(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00
 第3回  7月19(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00

 申込締切: 6月23日(木)

 形式: オンライン(Zoom)
 言語: インドネシア語
全3回

講座2 自ら仕事の目的を考えて段取りする”遂行力”


その作業は、何のためにやるのか? 仕事の目的を考えることで、ゴールに向かって自分で実行する力を身につけます。
また、仕事を与えられたとき、何から手を付ければよいか、自分で考えて動けるようにトレーニングします。

高い成果を出すための仕事の進め方
● 目的を把握する
・講義:「目的」を正しく把握する
・演習:依頼された仕事の目的を考える

● 仕事を分解する
・講義:作業を分解するーWork Breakdown Structure
・演習:自分の仕事を作業に分解する

● 仕事の特性を把握する
・難易度とインパクト(効果の大きさ)に着目
・優先順位を知る
・演習:作業の特性を考える

● PDCAをまわす
・Plan Do Check Actionの実践

● アクションプラン(行動計画)の作成と実践
●前回の実践結果の振り返り


            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

当研修には、以下のような特徴があります。

 自分の現実の仕事に、すぐに使える
 弊社のケーススタディだけではなく、いま取り組んでいる自分の仕事を題材にする
 その業務の目的、作業に分解、優先順位、段取り、など
実践がある
 いつ何をするか、具体性のあるアクションプランに沿って実践し、次回講座で振り返る
自分から情報を取りに行く姿勢も身につく

 上司が、作業の目的や全体像まで伝えてくれない場合を想定したワークを用意
●  仕事の遂行力がダイレクトに伸びる
 先読みする、納期を守る、などの、仕事に直結する能力が伸びる


            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全3回 (3回とも出席が必要です)
 第1回  8月2日(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00
 第2回  8月9日(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00
 第3回  8月16日(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00

申込締切: 7月21日(木)
形式: オンライン(Zoom)
言語: インドネシア語

全3回

講座3 自ら問題の真因を考え解決する”思考力”


問題の根本的な原因まで考えて対策する思考力を身に着けます。
その場しのぎを繰り返し、似た問題が繰り返される状況を打破する人材を育てます。

● 問題解決プロセスの全体像を知る
 問題を明確化する → 真の原因を特定する → 解決策を講じる
●【What】取り組む課題をさだめる・【Where】課題を分解する
 課題意識をもつ、課題を適切に設定する

●【Why】本当の原因を追究する
 なぜをくりかえす・本当の原因を知る

●【How】対策を講じる
 打ち手を考える・過去の事例を参考にする

● 他者を巻き込む
●アクションプラン(行動計画)の作成と実践
●前回の実践結果の振り返り


            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

当研修には、以下のような特徴があります。

● 問題解決だけではなく、問題意識も高める
 多くのの問題解決研修のような「発生したトラブルの原因追及と解決」だけではなく、あるべき状態を考え、問題を発見する意識を付けることを重視
 →問題やトラブルに直面しているメンバーだけでなく、「問題意識さえ持たずに作業しているメンバー」の教育にも最適
論理性全般を身につける
 「モレなくダブりなく(MECE)」や「ロジックツリー」など、問題解決以外の場面でも活用できる概念を身につける
実践がある
 いつ何をするか、具体性のあるアクションプランに沿って実践し、次回講座で振り返る



            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全3回 (3回とも出席が必要です) 
 第1回  9月6日(火) ジャカルタ 14:00〜16:00 
 第2回  9月13日(火) ジャカルタ 14:00〜16:00
 第3回  9月20日(火) ジャカルタ 14:00〜16:00

申込締切: 8月25日(木)
形式: オンライン(Zoom)
言語: インドネシア語
全3回

講座2 自ら仕事の目的を考えて段取りする”遂行力”


その作業は、何のためにやるのか? 仕事の目的を考えることで、ゴールに向かって自分で実行する力を身につけます。
また、仕事を与えられたとき、何から手を付ければよいか、自分で考えて動けるようにトレーニングします。

高い成果を出すための仕事の進め方
● 目的を把握する
・講義:「目的」を正しく把握する
・演習:依頼された仕事の目的を考える

● 仕事を分解する
・講義:作業を分解するーWork Breakdown Structure
・演習:自分の仕事を作業に分解する

● 仕事の特性を把握する
・難易度とインパクト(効果の大きさ)に着目
・優先順位を知る
・演習:作業の特性を考える

● PDCAをまわす
・Plan Do Check Actionの実践

● アクションプラン(行動計画)の作成と実践
●前回の実践結果の振り返り


            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

当研修には、以下のような特徴があります。

 自分の現実の仕事に、すぐに使える
 弊社のケーススタディだけではなく、いま取り組んでいる自分の仕事を題材にする
 その業務の目的、作業に分解、優先順位、段取り、など
実践がある
 いつ何をするか、具体性のあるアクションプランに沿って実践し、次回講座で振り返る
自分から情報を取りに行く姿勢も身につく

 上司が、作業の目的や全体像まで伝えてくれない場合を想定したワークを用意
●  仕事の遂行力がダイレクトに伸びる
 先読みする、納期を守る、などの、仕事に直結する能力が伸びる


            ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全3回 (3回とも出席が必要です)
 第1回  8月2日(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00
 第2回  8月9日(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00
 第3回  8月16日(火) ジャカルタ時間 14:00〜16:00

申込締切: 7月21日(木)
形式: オンライン(Zoom)
言語: インドネシア語

全3回

講師紹介

アグン・エッフェンディ・ストリスナ
Agung Effendy Sutrisna
WS PARTNERS PTE LTD  Senior Facilitator

インドネシア・ジャカルタ出身。文部科学省の奨学生として信州大学に留学。卒業後、大手電動工具会社に一般就職。日本人と肩を並べて仕事をした経験をもつ。その後、同社のシンガポール駐在、マレーシア事務所の立ち上げを経て、独立。弊社WS PARTNERSには立ち上げ期から参画し、現在は弊社がインドネシアで行う研修の責任者を務める。

日系企業で働くインドネシア人マネジャーを中心として数多くのファシリテーション経験を持ち、これまで60社、650名を超えるインドネシア人マネジャーに対する指導、コーチングを担当。現在もクライアントからの指名が絶えない。

インドネシア語、英語、日本語を操るマルチリンガル。自他共に認めるマネジメントオタク。

受講料のご案内

受講料  1名様/1講座あたり
SGD $500 (税込・資料代込) ≒Rp 5,200,000
例)3講座すべてを受講した場合は $1,500/1名 となります。
*振込手数料はお客様のご負担となります。
*お申込みから講座参加までの流れは下記の通りです。

  • 本サイト下部のフォームからお申込みください。
    お申込み期限は、講座開始日の8営業日前までとなります。ご注意ください。
  • 弊社からお申込み確認メール及び見積書(Quotation)を日本人担当者様宛に送付いたします。メールをご確認いただき、ご返信ください。
  • 請求書(Invoice)及び租税条約に関わる資料*(COR及びDGTフォーム)を郵送にてお送りいたします。Invoiceに基づきお支払いをお願いいたします。
    *詳しくは経理担当者様にご確認ください。
  • お支払い完了を弊社にて確認させていただいた後、受講者様に研修当日のログイン情報を送付いたします。

  • 弊社からお申込み確認メール及び見積書(Quotation)を日本人担当者様宛に送付いたします。メールをご確認いただき、ご返信ください。

WS PARTNERS PTE LTD 会社概要

WS PARTNERSのミッション

私たちWS PARTNERSは、アセアンの日系現地法人を対象に、現地人材の育成・駐在員の現地適応・組織や人材上の問題解決を通じて、日本企業のグローバルビジネスに貢献します。

商 号:WS PARTNERS PTE LTD

所在地:1 Marina Boulevard, #20-46, Singapore 018989 
電話番号:+65 6978 4066
設立年月日:2015年12月1日
Webサイト:https://www.ws-partners.com.sg/
株 主:株式会社ウィル・シード CL HOLDINGS PTE LTD
代表者:Managing Director 加藤 健太
事業内容:日系大手・中堅企業のASEAN諸国の現地法人・海外グループ企業向けコンサルティングと教育サービス提供

* 河合塾グループ唯一の海外拠点です。

よくある質問

  • Q
    欠席した場合にはどうなりますか?
    A
    欠席した場合も、補講はありませんのでご注意ください。但し、欠席の場合、事前にご連絡いただければセッション映像と教材を送付いたします。キャンセルが間に合うのであれば、キャンセルのうえ次回開催への参加をおすすめいたします。
  • Q
    同じ会社から複数名参加の場合、お支払いはどのようになりますか?
    A
    お申込み人数分の金額をまとめて、会社宛に請求書をお送りいたします。
  • Q
    対象者について教えてください。
    A
    インドネシアの日系企業で働く現地スタッフの方のうち、次世代リーダーとして期待されている方や、係長クラス以上の方。(社会人経験5年以上が目安となります)
    業界・職種は問いません。過去にも、製造業・商社・物流・建設・小売・金融・ITなど、あらゆる業界からご参加いただいております。
  • Q
    問い合わせ先はどこですか。
    A
    Eメールにて、以下の問い合わせ先にご連絡ください。
    西尾(Mr.)  tnishio@ws-partners.com.sg
  • Q
    申込後の流れを教えてください。
    A
    本サイトからお申込みいただいた後、
    1、本サイト下部のフォームからお申込みください。お申込み期限は原則、講座開始日の8営業日前までとなります。
    2、弊社からお申込み確認メール及び見積書(Quotation)を日本人担当者様宛に送付いたします。メールをご確認いただき、ご返信ください。
    3、請求書(Invoice)及び租税条約に関わる資料(COR及びDGTフォーム)を郵送にてお送りいたします。Invoiceに基づきお支払いをお願いいたします。
    *詳しくは経理担当者様にご確認ください。
    4、弊社にてお支払いを確認させていただいた後、受講者様に研修当日のログイン情報を送付いたします。
  • Q
    オンライン方式は効果がありますか?対面での研修と比較し注意点はありますか?
    A
    オンライン研修においても高い効果が検証できております。
    注意点としては、カメラとマイクが付属されたPCをご準備のうえ、Web会議ソフト「Zoom」が正常動作することを事前にご確認ください。
    また、上司の方から受講者ご本人に対し、「この研修に参加する意義や、期待」「遅刻・欠席をせず真剣に参加すること」を伝えていただくことが理想的です。
  • Q
    同じ会社から複数名参加の場合、お支払いはどのようになりますか?
    A
    お申込み人数分の金額をまとめて、会社宛に請求書をお送りいたします。

キャンセル規定

(1)受講者が1名、1講座をお申込の場合
連絡なしの不参加:受講料の100%
開催当日~1日前(前日)のキャンセル:受講料の100%
開催2~9日前のキャンセル:受講料の50%
それ以前のキャンセル:無料


(2)受講者が複数名、複数の講座をお申込の場合
グループでお申し込みいただき受講人数が減少する場合、減少する人数分のキャンセル料が発生します。

連絡なしの不参加:受講料の100%
開催当日~9日前のキャンセル:受講料の100%
それ以前のキャンセル:無料

※ 1回でも受講した後に、お客さま都合によりキャンセルされる場合、
 または利用を中止される場合、返金は行いません。


(3)受講料のお振込がない場合の自動キャンセル
受講料は弊社からお申込についてのご連絡後、10日以内*にお振込みください。
期限までにお振込みがない場合、【 キャンセル扱い 】といたしますので、あらかじめご了承ください。

※開催7日前以降にお申し込みされた場合はセミナー開催日までにお振込みください。
  なお、セミナー当日までに、振込を証明できる資料をメールにてご提示ください。
※経理処理上のご都合で上記対応が難しい場合は、別途ご相談ください。


(4)弊社都合による講座の中止について
弊社都合により講座を中止する場合は、講師の急病などやむを得ないときを除き、原則として講座開催の7日前までに研修事務局よりメールまたは電話でご連絡いたします。受講料は全額返金いたします。

受講お申し込み

お手数ですが受講者1名ずつお申込ください。
複数名でご参加の場合、複数回のフォーム送信をお願いいたします。
上部のリンクから開けるインドネシア語版サイトからでもお申込可能です。

原則、日本人担当者様宛に、見積書などのご連絡をさせていただきます。
10名以上など団体でのお申込みを検討されているお客様につきましては、貴社メンバーのみでの個別開催も検討させていただきます。担当までお問い合わせください。
【問い合わせ】西尾(Mr.) tnishio@ws-partners.com.sg

【重要】日系企業向け研修ですので、日本人担当者の情報もいただいております。
 申込み受付完了のEメールは、受講者ご本人ではなく、「日本人担当者のEメールアドレス」宛てに自動発信されますのでご注意ください。後日、受講用アドレスの連絡などは受講者ご本人宛てにも送付します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
https://ws-partners.com.sg/privacy.html

当研修に関するお問い合わせはこちらまでお寄せ下さい。
【問い合わせ】西尾(Mr.) tnishio@ws-partners.com.sg