このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
+65-6978-4066
受付時間:平日9:00~18:00 (シンガポール時間)

インドネシア人マネジャーのための
マネジメント力育成プログラム[第2期]

Management Development Program (Essential版)

追加開催
決定!

実践型
週1✖️ 3
(1回2時間)
オンライン
インドネシア語
オンライン
インドネシア語
前回(2021年10月実施)では、多くの企業様から、
定員を上回るお申し込みをいただきありがとうございました。
満席で申し込めずご迷惑をおかけした皆様にはお詫び申し上げます。

このたび、ご要望を受け、第2期の開催が決定いたしました。
お申し込みをお待ちいたしております。
ーーーーーーーーーーーー

「思った以上に変わってくれた」

「自分から動くようになって、驚いた」
「あの彼が、人を育てるようになるなんて思わなかった」

継続と実践をとことん追求し、アセアンの日系企業においてこれまでに延べ570名以上の
ローカルマネジャーを変革してきた弊社の「Management Development Program」。

従来は8~9カ月にわたって関わり続けるプログラムでしたが、この度、
参加しやすい短期講座として開講いたします。(インドネシア語、オンライン方式)

マネジメントに重要なエッセンスを3つのモジュール分け、各3回に凝縮しましたので、

昇格者の教育や、小~中規模の拠点のローカルマネジャー教育にも最適です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 社歴のあるインドネシア人を昇格させたが、視点がプレイヤー時代と変わらない。
  • そもそもマネジャーの役割や心構えが根本的にわかっていない
  • 自分が部下より上であることに満足し、部下を育てようとしない
  • 自発性がなく、どうしたらいいですか、と答えを求めてくる
  • 報連相ができず、問題が表面化するまで報告しない。
  • 問題の本当の原因を考えて対処できない
  • それなりにやってくれるが、この機に効果的な人のマネジメントを学ばせたい。
  • そもそもマネジャーの役割や心構えが根本的にわかっていない

インドネシア人マネジャー・次期マネジャーの
マネジメントの考え方とスキルを向上し、
現地化を推進しませんか

本プログラムの特徴

マネジャーの役割認識と人のマネジメントが身に付く
上記のようなマネジャー・アシスタントマネージャーの課題は、管理職に昇格しても担当時代のマインドセットが変わらないことが原因です。この講座では、トップ講師による指導と受講者同士のディスカッション、そして実践を通して、マネジャーの役割認識を徹底的に育てます。

研修と実践を繰り返し、
行動をかえる・定着させる
当講座が他と異なるのは、「教えたことを、本当に実践させる」点にあります。”頑張ります"や"もうできています"では済ませません。具体的な業務や、対象となる部下の名前まで明らかにして実行し、次週のセッションで振り返っていただきます。そのため、従来の研修とは効果がまったく異なります。
日系企業でDirector経験のあるインドネシア人講師によるインドネシア語での講義
日本で学び、"日本人"として駐在した経験のあるインドネシア人トップ講師が、受講者を直接指導します。駐在者が期待するマネジャーの役割、報連相、後任育成など、日系企業で重視される概念を「腹に落ちる」よう伝えます。
日系企業でDirector経験のあるインドネシア人講師によるインドネシア語での講義
日本で学び、"日本人"として駐在した経験のあるインドネシア人トップ講師が、受講者を直接指導します。駐在者が期待するマネジャーの役割、報連相、後任育成など、日系企業で重視される概念を「腹に落ちる」よう伝えます。

講座内容

* 1タームのみでもお申込みできます。
* 総合的にマネジメント力を底上げしたい場合、
  3タームすべての受講がおすすめです。(追加受講も可能です)
* オンラインZoomでの開講になります。
* 事前にご連絡いただいた場合には、欠席者にセッション映像と教材を共有をいたします。
* 各タームの定員は15名です。お早めにお申し込みください。
ターム 1 
2022年 1月 17日(月), 24日(月), 31日(月) 14:00〜16:00 (ジャカルタ時間)
お申し込み期限:1月5日(水)
マネジャーの役割と報連相マネジメント
マネジャーとしての役割認識。組織において報連相がなぜ大切なのか、
またメンバーに報連相させるにはどうすればいいのかを知り、実践を通して身に着けます。

【1回目(1/17)】
そもそもマネジャーの役割とはなにか、自身はどんなタイプのマネージャーか。講師の話を聞くだけでなく、ワークも通して理解していただきます。

【2回目(1/24)、3回目(1/31)】
1回目(1/17)の課題から報連相マネジメントを身につけます。報連相とは何か、報連相ができていない組織ではなにが起きるか、報連相にはどんな利点があるか。自社の現状の考察、ディスカッション、他の参加者の発言を通して納得いただきます。また、いつ・なにを・どのように報告するべきかも学びます。

部下が報連相しない理由はなぜか?どうすれば報連相するようになるのか?すぐに答えは教えず、ディスカッションしていただきます。実践課題では、管理職として「自分の部下に、報連相してもらう」ために、具体的にアクションをとっていただきます。具体的な名前も挙げていただき、アクションとその結果についての振り返りも行います。

本講座を受講することで、マネジャーは報連相で現場スタッフの状況とトップの方針の両方を把握し、組織の連結ピンとなります。問題は予兆の段階で把握され、迅速な対策がとれるようになります。


ターム 2
2022年 2月 14日(月), 21日(月), 3月7日(月) 14:00〜16:00 (ジャカルタ時間)
お申し込み期限:2月1日(火)
部下の心をつかむ・信頼関係を築く
部下の信頼を得る、部下を動機づける。信頼できない上司からの指示に納得する人はいません。これができていなければ、知識や技法を詰め込んでも役に立ちません。

本セッションでは、マネジャーの必須技能である「部下への接し方」を実践を通して身に付けます。

冒頭では、マネジャーの役割とは何かについて、ディスカッションなどを通して再認識いただきます。

1回目(2/14)、2回目(2/21)、3回目(3/7)を通して、「部下の意欲を引き出す、部下との信頼関係を築く」マネジャー必須の素養を身につけます。インドネシアの上司と部下の関係は、伝統的に「命令する人と、命令されたことだけをやる人」になりがちです。

しかし、部下の意欲が下がればそのパフォーマンスは半分以下に低下し、さらに日本に比べると簡単に会社を辞めてしまいます。マネジャーが人を介して成果を挙げるうえで、部下の信頼を得られなければ話になりません。

本コースでは、ディスカッションや実践を通して、部下の自尊心の重要さ、話の聴き方、ほめ方、指摘の仕方といった能力を身につけます。部下の実名、現状はどのような状態で、将来はどのような状態になってほしいかまで具体的にして実践していただきます。他の研修のような「できているつもり」では終わらず、部下が上司の変化に驚くほど、大きな効果があります。


ターム 3 
3月 14日(月), 21日(月), 28日(月) 14:00〜16:00 (ジャカルタ時間)
お申し込み期限:3月1日(火)
人材育成マインドを育てる
なかなか部下に仕事を任せず、抱え込んでしまうインドネシア人マネジャーに対して、
部下に仕事を任せて、部下を育てることのポイントを知り、実践を通して身に付けます。

冒頭では、マネジャーの役割とは何かについて、ディスカッションなどを通して再認識いただきます。

1回目(3/14)、2回目(3/21)、3回目(3/28)を通して、人材育成を身につけます。

残念ながらインドネシアでは、「目の前の業務を教える」以外に人を育てる方法を知っているマネジャーには、ほとんど出会いません。それどころか本音では、わざわざ他人を育てて自分の立場を脅かされることに抵抗を覚えるリーダーが多いのが実情です。

本コースでは、人材育成が自分自身や組織にとっていかに利益があるかを知り、そして具体的な人材育成の方法を身につけます。

人は、実際の業務経験によって育ちます。業務を与えるさいに動機や自発性を引き出すの指示の出し方、アドバイスやフィードバックの与え方について、実践を通して習得します。

具体的な部下の名前、具体的にいつ、何の業務を与えるか明らかにして、本当に実践いただくため、講座の中でも部下の成長を目にします。受講者の多くは衝撃を受け、マインドセットまで変化します。


ターム 2
2022年 2月 14日(月), 21日(月), 3月7日(月) 14:00〜16:00 (ジャカルタ時間)
お申し込み期限:2月1日(火)
部下の心をつかむ・信頼関係を築く
部下の信頼を得る、部下を動機づける。信頼できない上司からの指示に納得する人はいません。これができていなければ、知識や技法を詰め込んでも役に立ちません。

本セッションでは、マネジャーの必須技能である「部下への接し方」を実践を通して身に付けます。

冒頭では、マネジャーの役割とは何かについて、ディスカッションなどを通して再認識いただきます。

1回目(2/14)、2回目(2/21)、3回目(3/7)を通して、「部下の意欲を引き出す、部下との信頼関係を築く」マネジャー必須の素養を身につけます。インドネシアの上司と部下の関係は、伝統的に「命令する人と、命令されたことだけをやる人」になりがちです。

しかし、部下の意欲が下がればそのパフォーマンスは半分以下に低下し、さらに日本に比べると簡単に会社を辞めてしまいます。マネジャーが人を介して成果を挙げるうえで、部下の信頼を得られなければ話になりません。

本コースでは、ディスカッションや実践を通して、部下の自尊心の重要さ、話の聴き方、ほめ方、指摘の仕方といった能力を身につけます。部下の実名、現状はどのような状態で、将来はどのような状態になってほしいかまで具体的にして実践していただきます。他の研修のような「できているつもり」では終わらず、部下が上司の変化に驚くほど、大きな効果があります。


参加者の声

  • 全体として、現場の実情を踏まえた研修は非常に明確で、わかりやすく、実践しやすいと思った。
  • 特に、人材保全、上司と部下の関係構築、部下の世話、部下から上司への信頼の醸成に関連して、考え方が変わった。
  • 会社の持続可能性のために資源(人材)の保護がどれほど重要か理解できた。
  • 他の参加者と話し合ったり、ファシリテーターや他の参加者から意見を聞いたりするので、毎回2時間のセッションがとても短く感じた。
  • 部下のやる気を出し、部下との信頼関係向上が、自分の仕事の質を上げ、成果へと導くことができると、学びと実践を通して理解することができた。
  • 自分に対する上司の期待を知る機会となり、自らのモチベーションもアップした。今後も作成したAction Planを実践していきたい。
  • 自分に対する上司の期待を知る機会となり、自らのモチベーションもアップした。今後も作成したAction Planを実践していきたい。
本プログラムについて、もう少し理解を深めたい。
そんな方のためにプログラム概要説明&ご質問にお答えしています。

担当者に直接ご質問・お問い合わせは、
下記メールアドレスまでお願いします。
【担当】西尾:tnishio@ws-partners.com.sg

受講申込みはこちらから

講師の紹介

アグン・エッフェンディ・ストリスナ
Agung Effendy Sutrisna

WS PARTNERS PTE LTD 
Senior Facilitator

日系企業で働くインドネシア人マネジャーを中心として数多くのファシリテーション経験を持つ。

これまで、50社、500名を超えるインドネシア人マネジャーに対するファシリテーション、コーチングを行う。過去6ヶ月の顧客満足度は驚異の100%を誇る。

インドネシア・ジャカルタ出身。文部科学省の奨学生として信州大学に留学。卒業後、大手電動工具会社に一般就職。日本人と肩を並べて仕事をする。同社のシンガポール駐在、マレーシア事務所立ち上げを経て、独立。

WS PARTNERSの立ち上げ期から参画。WS PARTNERSがインドネシアで行う研修等、全ての案件に関わる。

インドネシア語、英語、日本語を操るマルチリンガル。自他共に認めるマネジメントおたく。


受講料及び受講割引きのご案内

受講料(お1人/1ターム)
    500SGD (税込・資料代込) ≒Rp 5,200,000
    * 振込手数料はご負担をお願いいたします。
【お申込み後〜講座参加までの流れ】
本サイトからお申込みください。お申込は、講座開始日の1週間前となります。
その後、
① 弊社からお申込み確認メール及び見積書(Quotation)を日本人担当者様宛にお送りします。
② メールをご確認いただき、返信ください。
③ 請求書(Invoice)及び租税条約に関わる資料(COR及びDGTフォーム)を郵送にてお送りいたします。*詳しくは経理担当者様にご確認ください。
④ Invoiceに基づき、お支払いをお願いします。
⑤ 支払い確認後、受講者様にログイン情報をご連絡いたします。
複数タームにお申込みの場合、
10%お値引きさせていただきます。
同じ方が複数タームにお申込みいただく場合は、
お申込ターム数に合わせて、割引させていただきます。

2ターム同時お申込み:500 SGD × 1ターム + 450 SGD × 1ターム =    950 SGD
3ターム同時お申込み:500 SGD × 1ターム + 450 SGD × 2ターム = 1,400 SGD
複数タームにお申込みの場合、
10%お値引きさせていただきます。
同じ方が複数タームにお申込みいただく場合は、
お申込ターム数に合わせて、割引させていただきます。

2ターム同時お申込み:500 SGD × 1ターム + 450 SGD × 1ターム =    950 SGD
3ターム同時お申込み:500 SGD × 1ターム + 450 SGD × 2ターム = 1,400 SGD

受講お申込みはこちらから

【WS PARTNERSのミッション】

私たちWS PARTNERSは、アセアンの日系現地法人を対象に、現地人材の育成・駐在員の現地適応・組織や人材上の問題解決を通じて、日本企業のグローバルビジネスに貢献します。

商 号:WS PARTNERS PTE LTD
所在地:1 Marina Boulevard, #20-46, Singapore 018989 
電話番号:+65 6978 4066
設立年月日:2015年12月1日
資本金:100,000ドル(SGD)
株 主:株式会社ウィル・シード CL HOLDINGS PTE LTD
代表者:Managing Director 加藤 健太
事業内容:日系大手・中堅企業のASEAN諸国の現地法人・海外グループ企業向けコンサルティングと教育サービス提供

* 河合塾グループ唯一の海外拠点です。

よくある質問

  • Q
    欠席した場合に、補講はありますか?
    A
    欠席した場合も、代行はありませんのでご注意ください。
  • Q
    同じ会社から複数名参加の場合、お支払いはどのようになりますか?
    A
    お申込み人数分の金額をまとめて、会社宛に請求書をお送りいたします。
  • Q
    対象者について教えてください。
    A
    業界・職種を問わず、部下をマネジメントする必要のある方が対象です。   
    過去にも、製造業・商社・物流・建設・小売・金融・ITなど、
    あらゆる方面からご参加いただいております。   
    現役マネジャーだけでなく、次世代のマネジャー候補の方にもぴったりの講座です。
  • Q
    問い合わせ先はどこになりますか。
    A
    メールにて、以下の問い合わせ先にご連絡ください

    【問い合わせ】西尾(Nishio)
      tnishio@ws-partners.com.sg
  • Q
    お申込後の流れを教えてください。
    A
    本サイトからお申込みののち、
    ① 弊社からお申込み確認メール及び見積書(Quotation)を日本人担当者様宛にお送りします。
    ② メールをご確認いただき、返信ください。
    ③ 請求書(Invoice)及び租税条約に関わる資料(COR及びDGTフォーム)を郵送にてお送りいたします。
    ④ Invoiceに基づき、お支払い
    ⑤ 支払いを確認した後、受講者様にログイン情報をご連絡いたします。
  • Q
    オンライン方式とのことですが、効果がありますか?実地の場合と比較し、注意点はありますか?
    A
    ディスカッションに加わるため、カメラとマイクの付属したPCをご準備ください。
    また、ご本人の上司部下に会話が聞こえない環境にて受講ください。
    オンラインでも研修効果が検証できています。
    直接、質疑応答を希望される場合は、上記のとおり説明会を予定しております。
  • Q
    同じ会社から複数名参加の場合、お支払いはどのようになりますか?
    A
    お申込み人数分の金額をまとめて、会社宛に請求書をお送りいたします。

キャンセル規定について

(1)受講者が1名、1タームでお申込の場合
連絡なしの不参加:受講料の100%
開催当日~1日前(前日)のキャンセル:受講料の100%
開催2~9日前のキャンセル:受講料の50%
それ以前のキャンセル:無料


(2)受講者が複数名、複数タームお申込の場合
グループでお申し込みいただき受講人数が減少する場合、減少する人数分のキャンセル料が発生します。

連絡なしの不参加:受講料の100%
開催当日~9日前のキャンセル:受講料の100%
それ以前のキャンセル:無料

※ 1回でも受講した後に、お客さま都合によりキャンセルされる場合、
 または利用を中止される場合、返金は行いません。


(3)受講料のお振込がない場合の自動キャンセル
受講料は弊社からお申込についてのご連絡後、10日以内*にお振込みください。
期限までにお振込みがない場合、【 キャンセル扱い 】といたしますので、あらかじめご了承ください。

※開催7日前以降にお申し込みされた場合はセミナー開催までにお振込みください。
  なお、セミナー当日までに、振込を証明できる資料をメールにてご提示ください。
※経理処理上のご都合で上記対応が難しい場合は、別途ご相談ください。


(4)弊社都合による講座の中止について
弊社都合により講座を中止する場合は、講師の急病などやむを得ないときを除き、原則として講座開催の7日前までにセミナー事務局よりメールまたは電話でご連絡します。受講料は全額返金します。

受講お申込みはこちら

お支払い方法について、別途ご連絡いたしますので、
下記のフォームからお申込みください。

受講お申込み

お手数ですが、受講者1名ずつお申込ください。
数名お申込みの場合は、複数回のお申込みをお願いいたします。

日本人担当者様宛に、見積書(Quotation)などのご連絡をさせていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
本プログラムについて、もう少し理解を深めたい。
そんな方のためにプログラム概要説明&ご質問にお答えしています。

担当者に直接ご質問・お問い合わせは、
下記メールアドレスまでお願いします。
【担当】西尾:tnishio@ws-partners.com.sg